腰痛がひどくてセックスが出来な方へ

 

『腰痛がひどくてセックスもままならない…』
と言う悩みを持ってるのは中高年だけではありません

 

実は若い世代でもスポーツなどで体を痛めて腰痛が慢性化している方も多くいらっしゃいます
腰痛の原因は様々ですが、加齢によるものや運動のし過ぎによるものなどがほとんど
ヘルニアやぎっくり腰のせいでセックスへ自身が持てなくなってしまった…と言う方は少なくありません

 

性欲はあるけど、腰痛のせいでセックスに積極的になれなかったリ、実際にする事が難しい場合は腰痛をしっかり改善するしかありません
そんな時におすすめの腰痛改善方法とセックス方法をご紹介します


腰痛になったらまず始めたい事

 

腰痛もちと言うのは一生の事の様に感じるかもしれませんが、しっかりと改善している方がいるのも事実
整体に通ったりするのもいいですが、最も大切なのは寝具だと思います

 

人間の人生の三分の一は睡眠の時間です
寝具が体に合っていないと腰痛の原因になってしまったり、悪化させる元になります
腰痛を改善する為におすすめの寝具は【高反発】である事

 

少し前に低反発マットレスが話題になりましたが、腰痛に低反発マットレスは合いません
低反発マットレスが腰痛に悪いと言われている理由は3つ

・腰が沈んでしまう
・反発力が弱く寝返りの回数が減る
・温度変化に弱い
(参照リンク:低反発マットレスが腰痛に悪いワケより)

腰痛の場合は高反発マットレスが一番おすすめです

 

現在腰痛解消の為に販売されているマットレスは高反発ばかりですし、今あるベットの上に敷いて使用できるのですぐにでも実践できます
購入の際に最も気を付けたいのは【お試し、全額返金制度】がある事
どれだけ人気のマットレスでもまれにその人の体に合わない場合はあります
今まで低反発マットレスを使用していた場合、初めは痛く感じるかもしれませんが一ヶ月から三カ月程度は使用してみないと分かりません

 

優良なマットレスの販売業者は必ずお試しが出来る様に制度を設けています
これは鉄則ですね
腰痛になった場合は出し惜しみせずに高反発マットレスで腰痛改善に定評があるものを使用してみましょう

 

腰に負担が掛らないセックスの体位

腰痛があってもどうしてもセックスをしたい!と言うときもあると思います
そんな時は腰への負担が少ない体位を知っておくと便利です

 

腰痛もちの中で良く使用される体位は
・騎乗位
・側臥位
・ソファーなどを使った座位
などが多いようです

 

また、腰痛もちの為に作られている器具もあるようですが、これは男性側のプライドを捨ている必要がありますのでちょっと現実的ではないかもしれませんね

 

あとは、ポリネシアンセックスと呼ばれるスローセックスもいいかもしれません
ポリネシアンセックスはセックスそのものの行為よりも2人の間の愛を確かめる為に行われるセックスです
セックス前の抱き合う時間を1時間も取ったり愛撫を長くしたり、挿入後はほとんど動かさずに抱き合った状態でその後少しだけ動かしてみるなど
興味がある方はリサーチしてみてもいいかもしれません

 

腰痛もちの方はセックスに自信が無くなっている場合もありますので、それは濃さでカバーする事が大切
その方が女性も喜ぶ場合が多いのも事実です
いつも、スポーツの様に激しくやっている方は実は女性はあまり気持ちよくなっていないかもしれません…

 

ただ、ポリネシアンセックスの難点はペニスの勃起力がある程度ないと途中で萎えてしまう可能性が高くなる事
かなり時間をかけて行いますのでいざ挿入!と言うときに萎えてしまっていては意味がありません

 

そんな時の為に普段からペニスに必要な栄養素しっかりと摂取しておく事が大切ですね^^