セックスの際のペニスの持久力が足りない

 

『最近、セックスの持久力が持たなくて…』
『途中で中折れしてしまうのが怖くて自身が持てない…』

 

ペニスの悩みはたくさんありますが、その中でも中折れなどの持久力が悩みの種になっている事も多くあると思います
加齢によって持久力が落ちるのは仕方のない事と諦めるのは簡単な事ですが、いくつになっても若々しく現役の方はたくさんいますし、若くても持久力が無くなっている方もたくさんいます
その違いを知って少しだけ努力する事が出来れば理想的な持久力を持った状態でセックスが出来ると思います


セックスの持久力が落ちる原因と対策とは?

セックスの持久力が落ちていると一言で言ってもその要因はいくつかあります

加齢によるもの

男性の性欲は25歳30歳をピークに減退すると言われています
加齢によって男性ホルモンの分泌量が減ったり、体内酵素が減る、体力が落ちる事によってセックスの持久力が低下する事はある程度自然な現象
ただ、この辺から個人差が大きく表れるのも事実です
20代のころは誰もが元気なのは普通ですが、30代、40代となってくると体調管理が出来ていないと元気で居続ける事が出来ません
また、若いころの様に暴飲暴食をすると体内の酵素が減りやすく、肥満にもなりやすいので特に食事には注意が必要
後は30代以降になると仕事のストレスも大きくなる事もありますので適度にストレスを発散させるる方法(特に運動がお勧めですが)を見つけておきましょう

単純な筋力低下

学生時代は通勤や部活によって運動する事が普通だったとしても社会人になるとすぐに運動不足になり筋力が低下する方は多くいます
特に男性ホルモン分泌に欠かせない下半身(特に内股)の筋トレは重要です
後はセックスの最中に自重を支える腕力と腹筋などがセックスの持久力を上げる為には必要
落ちた筋力を戻す事は年齢を重ねるごとに時間がかかるようになりますので運動の習慣が無い人は筋トレを日課にしましょう
筋力が戻る事で自身も付き精神的な持久力もアップします

心因性のもの

セックスの途中で中折れしてしまった、イクのに時間が掛って結局イケなかった…などのトラウマがあると気持ち的にも持久力が無くなってしまう可能性があります
どうせまた…と言う気持ちが諦める気持ちを作ってしまうのです
そういう方は自分への自信を取り戻すトレーニングと勃起力を高める為に必要な栄養素サプリなどで摂取する事がお勧めです
また、間違ったオナニーでオナニーでしかイク事が出来なくなっている方も最近は多いようです
オナ禁までする必要はないと思いますが、オナホールなどを使って出来るだけ自然な刺激に調節し、自信を取り戻すために体を鍛えましょう
増大サプリなどには勃起力を高める成分(シトルリン、アルギニン、亜鉛、セレンなど)が100種類以上も配合されているので食事内容が悪い方は補助として活用する事もおすすめです

ペニスの勃起力が足りない

十分ペニスが硬くならないと言う方は男性ホルモンの分泌量が少なかったり、血流が悪い事が原因として挙げられます
ペニスを硬くするメカニズムはペニスを形成する海綿体細胞に血液が流れこむ事によっておきます
つまり、血流が悪くなると十分に勃起しない状態になると言うわけです
また、血流が悪くなると成人病などの原因にもなるので健康的な被害も心配です
勃起力を高める為には血流を改善するシトルリン、アルギニン、男性ホルモンの分泌量を増やしたり精子の量を増やすためには亜鉛、セレンなどが必要になります
食事を見直すとともに精力剤などを活用して栄養補給して勃起力を高めるようにしましょう
※ED治療薬のバイアグラなどは勃起させる効果はありますが根本的な解決にはなりません

 

 

男性であれば一度はセックスの持久力が無くなってきたかも…
と悩むことがあるかも知れませんが、現在の生活習慣や食習慣を見直すチャンスだと思って本気で改善してみてはいかがでしょうか