バイアグラの副作用はEDを悪化させる?その理由とは?

 

セックスの前には必ずバイアグラが無いと不安と言う方も少なくないのではないでしょうか
最近はバイアグラのジェネリック医薬品も多く半場されており、手軽に手に入れる事も出来ますので常備している人も多いと思います

 

バイアグラはもともと狭心症の方向けに作られた医薬品でしたが、使用している方に勃起力の向上の効果がみられるようになりその後EDなどの症状の方に処方されるようになりました
今ではEDの方でもそうでない方も多く使用している医薬品ですよね

 

ただ、医薬品の常用で気になるのが副作用
バイアグラの副作用はほてり、頭痛、動悸、めまいなど軽い症状のものがほとんどで全く何も出ない方も多くいます
持病を持っていたり、よほど一気に摂取しない限りはほとんど影響がない方がほとんどです

 

ただ、それ以外にもバイアグラ常用による副作用を危惧する医師もいらっしゃるようです


バイアグラは体の酵素を消費する?

 

勃起のメカニズムは脳が性的刺激を受け、血管内皮から勃起を促すNO(一酸化窒素)が放出され海綿体細胞に血液が流れ込み勃起に至ります
しかし、ED、体調不良、ストレスなど様々な要因によって男性ホルモンの量が不十分だとその働きを抑制する働きのある酵素の存在によって勃起が不十分な状態に終わってしまいます
バイアグラや関連ジェネリック医薬品はこの酵素の働きを抑える働きがありますのでスムーズな勃起が可能になるんです
つまり、バイアグラなどは酵素の働きを阻害する事によって勃起をサポートしているのですが、この働きを頻繁に行っていると体内の酵素が多く使用されて体が疲弊する可能性があります

 

バイアグラなどはここぞと言うときに使用するのは良いのですが、依存してしまって常用すると体内酵素の無駄遣いにつながります
酵素と勃起との関係性の詳細へ
EDなどの勃起不全が怖いのは勃起できない事の弊害はもちろんですが、その後に待ち構えている動脈硬化や心筋梗塞などの病気にあります
EDなどは血流が悪くなる事によっても引き起こされるため、上記の成人病の方の多くはEDや勃起が十分でない状態が続いていた方が多いと言うデータもあります

 

つまり、一時的な勃起の為にバイアグラを使用する事は良いとしても依存してしまってバイアグラが手放せなくなると根本的な勃起力の上昇につながる事はなく、体の酵素を減少させる恐れがある為余計に勃起力低下を招いてしまうと言う心配がバイアグラにはあるわけです
短期間で勃起力を上げるのはそう簡単ではありませんが、EDの後には成人病の恐れもありますので長期的に健康を考えて自然な方法で精力アップを図りたいですね^^